障害者施設で利用者同士のトラブル

私は今、障害者施設に通っています。一月に利用者同士でトラブルになりました。元は些細なことだったのですが、何故かトラブルになったお相手様は激怒。取り敢えず謝った私に対して、お相手様は『こっちが怒っているときはこっちの文句をただ聞くだけで、うなだれていなくちゃだめだよ!!』と、私には腑に落ちない事を言われて、イライラが募りました。未だにイライラしていますが。

その旨主治医に言ってみたところ、『だから彼女はウツなんじゃない?』その一言を聞いて目からウロコです。そりゃ、そうだ。多分だけど、彼女はそうやって育ってきたのだろう。周りの人たちに怒られてきたとき自己主張せず、そう、対処してきたのだと思いました。
そして、私が腑に落ちなかった理由もまた解りました。彼女の自論を無理やり私に押し付けてきたことも、それを自分は悪くないと思っている頭の悪い勘違い女が上から目線で言ってきたことも気に入らなかったのです。
精神疾患患者の殆どが家庭環境が理由に病むことが全体8割と聞いたことがあります。
私も病んでいるので偉そうな事は言えませんが、でも、病んでいる人は、時々自分は間違っていないとか、自分より可哀想な人を上からみて安心感を得ることしか出来ない人もいるのも知っています。プライドが高そうな高飛車な彼女は自分が間違ってもきっと、偽善的に世の中を渡っていくのだろう。自分の考えが間違っていないと思える彼女はある意味おめでたくて羨ましい限りです。
私はよく、自分の考えも自分が生きてきたことも間違っていると思ってしまうので。しかも一月にもめたことなのに、五月末になっても未だに引きずってしまっています。女性ホルモンに遊ばれていて余計にイライラしているのかな。婦人科へ行ってPMSの対策として、超低用量ピル ヤーズを処方してもらって、気持ちは楽ですが後のち覚えてろよ!『このイノキ!!』って思います。(顎の感じが。※因みに女性です/笑。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>